So-net無料ブログ作成

4月27日 [4月]

 ★ 哲学の日 ★

紀元前399年の4月27日に、ギリシアの哲学者・ソクラテスが死刑宣告を受け、
獄中で毒を飲んで亡くなったことを偲んで制定された記念日!

ソクラテスの罪状は「アテナイ(現在のアテネ)の青年を堕落させたこと」とされ、
対話的問答を通じて相手にその無知(無知の知)を自覚させようとしたことが、
市民の反感を買ってしまった結果と言われている。

 【雑学①】
4月27日は「悪妻の日」でもある。
これは刑死したソクラテスの妻クサンティッペが悪妻として有名であることから。
悪妻とされる理由として、ソクラテスが妻について語ったとされる名言が数多く残っていることが挙げられる。

 名言1)良妻に恵まれれば、幸福になるだろう。悪妻を持てば、哲学者になるだろう。
 名言2)雷の後は、雨がつきものだ。(妻に怒鳴られ、その後に水を掛けられたことから)
 名言3)この妻とうまくやっていけるようなら、他の誰とでもうまくやっていけるだろう

しかし悪妻とされるクサンティッペは、ソクラテスが亡くなった時に涙を流して取り乱したという逸話もある為、
この二人は深い愛情で結ばれていたのではないか?という一説もあるそうです。



 ★ 駅伝誕生の日 ★

1917年の4月27日に、京都の三条大橋から東京の上野不忍池までの508kmを走る
「東海道五十三次駅伝競争」が行われたことを記念した日!

508kmを23区間に分け、約45時間半を掛けて完走した。

 【雑学①】
“駅伝”という言葉は、日本書紀にも記載されている。
首都と地方の間の道路網に30里(約16km)毎に置かれた中継所のことを「駅」といい、
駅に朝廷の使者が到着すると、次の駅まで別の乗り継ぎの馬を用意して、
素早く遠隔地へ情報を伝えられる仕組みを整備していた。
この制度を「駅制と伝馬制」あるいは「駅伝貢進」といったことが、駅伝の由来である。

 【雑学②】
現在行われている一番有名な駅伝に「箱根駅伝」があるが、
これは元々アメリカ大陸横断をする日本人を探すために行われた。
箱根の山登りがコースに入っているのは、アメリカのロッキー山脈を想定している為。
ちなみに、この箱根駅伝からアメリカ大陸横断は未だに実現していない。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。